ウォーターサーバーのメンテナンスってどのくらいやるの?

メーカーだけのメンテナンスでは不十分

メーカーの定期メンテナンスは一年に一度など、回数はそれほど多くはありません。その間のお手入れは、自宅で行いましょう。お手入れのポイントは蛇口、受け皿、本体です。

蛇口はコップなどの食器や手が当たりやすく、もっともよく使う部分ですから、放っておくと雑菌が発生しやすい箇所です。この部分は毎日掃除をしましょう。

蛇口の水分をていねいに拭き取り、仕上げに消毒用アルコールで消毒することをおすすめします。

受け皿も同様に水あかやぬめりがつきやすいので、こまめに掃除してください。受け皿にたまった水をそのままにしておくと、そこから雑菌が繁殖します。

受け皿を取り外して台所用洗剤で洗い、水分をよく拭き取ってから取り付けてください。

ウォーターサーバー本体の掃除も忘れずに

ウォーターサーバー本体の掃除も忘れずに行いましょう。特に背面に冷却コンデンサーがあるタイプのものは、でこぼこなどが多く、ホコリがたまりやすい構造になっています。

たまったホコリを掃除機で吸い取って、あとは固く絞った布などで拭きましょう。表面や上面などもしっかりと拭き掃除をすると、いつまでも気持ちよく使えます。

特に水割りは雑菌が繁殖しやすいので、私は使った後はすぐに水分を拭き取るように心がけています。本体の掃除は1週間~10日に1度程度おこなっています。

メーカーのメンテナンス

メーカーが行うメンテナンスは、会社によって異なります。サーバーを分解して洗浄するところもあれば、サーバー本体を新しいものに交換してくれるところもあります。

最近ではメンテナンス不要のものも増えてきました。このタイプは部品の摩耗などには対応できませんから、長く使っている場合は、故障などに気をつける必要があります。

ウォーターサーバーのメンテナンスには料金が必要ですが、メンテナンス料は各メーカーによって異なります。

無料のところも多いですから、どのようなメンテナンスが幾らで受けられるのかを事前に調べて、メーカーを選びましょう。

私が利用しているメーカーは、メンテナンス料は無料です。最近はメンテナンス料が無料のところが増えてきましたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする